クラウドAIの持つ意味

AI導入の黎明期は、ビッグデータの収集とアルゴリズム作成を、データサイエンティストに任せなければなりませんでした。しかしクラウドAIの誕生によって、それらがオートメーション化され、さらに効率が高まりました。ビジネスの世界は効率性が重要ですから、現代はAIビジネスが成立し易い状況に移りつつあります。但し、AIビジネスにも課題があります。その一つが、自然言語の不十分な理解です。確かにAIは自然言語を少しずつ操れるようになってきましたが、それでも人間の言語処理とは本質的に異なっています。その差をどこまで埋められるのかは、研究者の間でも不透明だと言われています。また、AIは善悪を区別するレベルには至っていません。例えば、教師データに人間由来の偏見等が含まれている場合、その偏見をも学習してしまいます。教師データが人種差別的であれば、AIも人種差別的な計算をするわけです。つまり善悪の判断をAIに尋ねることはできません。AIの課題としてはさらに、ハッキングに対する脆弱性が挙げられます。もしハッカーが自動運転のAIに攻撃を仕掛けたら、悲惨な状況が発生する可能性があります。ハッキングを防御するための研究も進められていますが、未だ完全な方策はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です