何故自動運転が可能なのか

自動運転についてはよく耳目にするようになりましたが、未だにその仕組みがよく分かっていない人も多いはずです。自動運転の中核はもちろんAI技術なのですが、実はそれ以外にも様々なテクノロジーが盛り込まれています。一体自動運転はどのように実現しているのでしょうか。使われている技術を列挙すると、制御システム、ドライバーの操作情報の解析、ミリ波レーダー、レーザースキャナ、超音波センサー、カメラ、GPS等が挙げられます。これらのデータと、外部から寄せられる情報とが合わさり、自動運転は成立しています。中でも制御システムは基盤に当たります。いわゆるダイナミックマップはこの中にあります。ダイナミックマップは地図情報を具えており、そこに送られる大量のデータを基に周囲の安全を判断するのが特徴です。制御システムはステアリング、ブレーキといった基本的な操作を実行しています。自動運転はまだ発展途上にあるため、ドライバーが寝ていても運転してくれるというわけではありません。ドライバーは適宜運転状況を確認する必要があります。確認方法はディスプレイや警告音等で、何か異常が発生すると、ハンドルを握ってドライバー自身が運転しなければなりません。平常時は、レベル3の自動運転であれば、ハンドルを握らなくても大丈夫だとされています。因みに、ドライバーが寝てしまっても異常時に起きられるような技術も開発されています。ドライバーをAIがモニタリングするのです。そのモニタリングの結果、ドライバーが覚醒するまでの自動運転の時間等が算出されることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です